豆皿 廣田硝子

1899年から続く老舗 廣田硝子

廣田硝子のガラスたち。

1899年に東京で創業して以来、硝子の美しさに魅せられ一筋に歩んできた老舗、廣田硝子。近代ヨーロッパから伝わった硝子製造と、日本の美意識を融合し独自のデザインを開花させました。江戸切子や吹き硝子など脈々と受け継がれる手仕事を継承しながら、東京錦糸町・廣田硝子だけにしかないものを、これまでもそしてこれからも丁寧に作り続けます。


並べて、重ねて、小さな豆皿

中心のきれいな花模様が印象的

真ん中にある花柄がかわいい小さな豆皿。並べても(写真1)、重ねても(写真2)美しく食卓を彩ります。花を囲うような模様は、花弁のよう。中心も花、豆皿全体も花!きれいで小さい豆皿です。

白でも、透明でもないレトロな古代色

模様同士が合わさり、重ねても可愛らしい。

雪の花古代色シリーズ特有の少し黄みがかった色。現代の食器ではなかなか見なくなった色味が、心地よい古さを演出してくれます。

ふちは、泡雪が降りかかったようなうっすらとした白み。夏は涼しく冬は冬らしく、小さいのに上品な豆皿です。


食後のフルーツ、午後のティータイムに

東屋の姫フォークと豆皿の相性がバッチリ

普段は食後のフルーツやお菓子に使っています。豆皿と相まって、ちょっとずつ食べたくなってきます。
東屋の姫フォークと小急須 後手と合わせれば、上品なティータイムの出来上がり。


廣田硝子・雪の花、古代色シリーズ
丸小鉢、フラッペ皿、豆皿、デザートトレー、小鉢

雪の花シリーズを揃えれば食卓が美しくレトロに飾れます。今日はどのお皿を使おうかな?
ティータイムや食事の時間に心落ち着く品々です。
  • 972円(税72円)

在庫状況 残り3です