雪の花 小鉢 古代色 廣田硝子

1899年から続く老舗 廣田硝子
廣田硝子の雪の花シリーズ

1899年に東京で創業して以来、硝子の美しさに魅せられ一筋に歩んできた老舗、廣田硝子。近代ヨーロッパから伝わった硝子製造と、日本の美意識を融合し独自のデザインを開花させました。江戸切子や吹き硝子など脈々と受け継がれる手仕事を継承しながら、東京錦糸町・廣田硝子だけにしかないものを、これまでもそしてこれからも丁寧に作り続けます。

ふんわり優しい形の小鉢
ゆらゆらと揺れる花のような形

中心にかわいらしい花の模様のある丸小鉢。雪の花シリーズの中では、深めのお皿で波形のふちが特徴のかわいらしいガラス小鉢です。

白でも、透明でもないレトロな古代色
中央から広がる模様が花弁のよう。

雪の花古代色シリーズ特有の少し黄みがかった色。現代の食器ではなかなか見なくなった古代色が、心地よい古みを演出してくれます。

ふちは、泡雪が降りかかったようなうっすらとした白み。夏は涼しく冬は冬らしく、汁物なども入れやすい小鉢です。

汁気のあるものやフルーツ、アイスなどに
涼しげな硝子は、何をのせても美しい

普段は汁気のあるお惣菜や、冷奴、朝食のヨーグルトなどに使っています。小鉢は汁気のあるものも安心な深さなので、食事、デザートなど幅広く活躍します。とりあえず使いやすいものを!という方は選びやすいです。

小鉢と丸小鉢の違いは?
横に丸くひろがる丸小鉢。少し縦幅のある小鉢。

小鉢と丸小鉢の違いは、横の幅と形。丸みを帯びながら横に長いのが丸小鉢です。どちらも深さがあるので何を入れても使いやすいですが、小鉢は汁気の多いお惣菜が特に似合いますよ。

自宅では、小鉢はもっぱらお惣菜に。かぼちゃの煮付けやおひたしなんかにもぴったり。
じゃがいも、かぼちゃ、なすなど形が大きめなものにいかがでしょうか?

廣田硝子・雪の花、古代色シリーズ
丸小鉢、フラッペ皿、豆皿、デザートトレー、小鉢

雪の花シリーズを揃えれば食卓が美しくレトロに飾れます。今日はどのお皿を使おうかな?
ティータイムや食事の時間に心落ち着く品々です。
  • 1,296円(税96円)

在庫状況 残り3です